日本人と欧米人 身長差

なぜ日本人と欧米人は身長が違うの?

食事のみならず身長も欧米化が進み、日本人の平均身長はこの50年の間に
5cmも伸びたという事実はご存知でしょうか?

しかしそれでもまだ欧米人の平均身長を日本人の平均身長では大きな隔たりがあります。

どうせ遺伝のせいだろと考えている向きが多いと思われますが、
実は遺伝子が身長の高低に関わる部分は、全体の25%にすぎません

残りの要素はほぼすべて食生活を含めた生活習慣ということになります。

まずは食生活から見ていきましょう。

骨を作る栄養素にアルギニンやミネラルがありますが
これらは身長の伸びを左右する重要な栄養素と置き換えることができます。

実際、世界一の高身長国家として知られるオランダでは
アルギニンが豊富に含まれるチーズ、ミネラルが豊富なニシンを
他国と比較してよく食べていることが分かっています。

睡眠運動の面からみるとどうでしょうか。

身長アップに欠かせない成長ホルモンは、運動によって促され、
熟睡している間に多く分泌されます。

成長期である思春期ではその傾向がさらに強くなりますが、
欧米人は日本人と比べて成長期が長く、骨の成長(身長アップ)が可能な期間も長くなるのです。

こうした面からも日本人と欧米人との身長差があらわれるのです。


アルトインナーギア