爪水虫にはクリアネイルが効果てきめん☆

**商品紹介…爪水虫の塗り薬 クリアネイル**

爪水虫の塗り薬 クリアネイルがどのような製品なのかお伝えいたします。
クリアネイル

爪水虫の塗り薬 クリアネイル』は、
硬い爪の上から塗布し、皮膚の下まで浸透させる効果のある爪水虫専用塗り薬です。

爪水虫の治療方法は2通りあります。

まず1つ目ですが、『皮膚科に行って医療すること』。
この場合血液検査をして肝機能に問題が無いようでしたら、
飲み薬を処方してもらい大体3〜6ヶ月間、通院しながら治療していきます。

2つ目は『塗り薬による治療(米国及びヨーロッパでは主流)』。
この塗り薬を使うという方法は、肝機能に問題のある人や、
肝機能低下の副作用を避けたい人が使用する方法となります。

やはり時間があるなら皮膚科できちんと診断し、
治療するほうが良いでしょう。


しかし、クリアネイル

「人に見せるのが嫌だ」

「忙しいので医者に行く時間がない」

「飲み薬は体への負担が心配だ」


という方の場合、専門医に診せることは出来ません。

だからといって、爪水虫を放っておくと、大変なことになる場合もあります。
ですから、早めの治療を心がける必要があります。

症状が伺えたら、まずは自宅で爪水虫の塗り薬 クリアネイルでの治療をお勧めいたします。

↓↓爪水虫の塗り薬 Dr.Gsクリアネイルについて

**爪水虫とは…爪水虫の塗り薬 クリアネイル**

爪水虫とは何かをご説明いたします。

爪水虫

爪の表面が茶色や黒色に変色する。

爪と爪の下の皮膚の間がボロボロになっていき、
 徐々に爪が浮き上がってくる。
 そのまま放置しておくと、爪が剥がれる危険性がある。




グリーンネイル

つけ爪を長い間つけたままにしていると、
 グリーンネイルになることがあります。

 ↓
グリーンネイルとは何か?
爪水虫の一種で、症状は緑色に爪が変色していくこと。
主な原因は爪とつけ爪の間に発生した緑膿菌である。

最近はお洒落の一環として、つけ爪を楽しんでいらっしゃる女性が増えております。

きちんとしたケアをしないと、グリーンネイルになる危険性を理解されているでしょうか?

このクリアネイルなら自宅で簡単にご使用いただけますので、
ケアの一部に取り入れてみてはいかがでしょうか?

**特許取得の爪水虫の塗り薬 クリアネイル**

爪水虫の塗り薬 クリアネイルはアメリカで、
特許を取得しております。

爪水虫の塗り薬 クリアネイルの主成分であるベンゾルコニアムは、
以前は専門薬として、処方箋なしでは購入出来ませんでした。
しかし現在では、アメリカで市販薬に使用出来るようになっております。
クリアネイル
その医者の処方薬として使用されていたベンゾルコニアムを使用し、
さらなる技術開発したのが爪水虫の塗り薬 クリアネイルなのです。

どんな技術開発かというと、
爪の表面から浸透させていき、爪の下の水虫菌を死滅させるという開発なのですが、
その技術が、アメリカで特許と認可されたのです。

爪水虫の塗り薬 クリアネイルの最大の特徴は、
マ二キュアをしたままでも使用出来ると言う事です。

また、無色・無臭なので外出の際も、ご安心してお使いいただけます。

他の塗り薬には大概、アルコール成分を含まれております。
爪水虫の場合、アルコール成分を含んでいると、
爪に成分が浸透する前に、蒸発してしまいます。

しかし、爪水虫の塗り薬 クリアネイルはアルコールを含んでおりません。
ですから、しっかり浸透しながら乾燥していきます。
塗布後約10分で乾燥しますので、そのままお待ちください。


↓↓爪水虫の塗り薬 Dr.Gsクリアネイルについて