化粧直し 方法

化粧直しの良い方法

化粧直しは正しい方法で日中の終わりには肌がチクチクしたり、
痒くなることはありませんか?

実は化粧品や皮脂や汗と汚れが混合し、
肌を刺激している可能性があります。

このような状態になれば化粧直しを
しなければ、肌にダメージを負う場合もあります。

この時に面倒くさいと言って、その肌の上にパウダーを
重ね付けしたりするのはNGです。

本当のとことはクレンジングでメイクをリセットし、
洗顔をして最初からやり直すべきですが、
出先では無理な場合もありますので、
その時の化粧直しの方法をお伝えします。


しっかりとした化粧直しとは?

@メイク落とし専用のウェットティッシュでファンデを落とす。

Aファンデを落としたところにメイクアップベースを付け足す。
乳液を変わりにしてもOK。

Bパウダリーファンデーションを優しくつける。
リキッドタイプの時はさらに紙おしろいで押さえ、油分を吸い取る。



≪ポイント1≫
・ほとんど崩れているならそこは落とす

鼻や口の回り、皮脂が浮き出ているところは、
くずれる前に落として下さい。


≪ポイント2≫
・メイク落とし専用のウェットティッシュを使用

大手化粧品メーカーのものならまず安心です。

その他の用途で使用するウェットティッシュは
肌を傷める可能性があるので使用しないでおきましょう。


≪ポイント3≫
・乳液で化粧を落とす

クレンジング剤などは、その後洗顔が必要ですよね。
しかし、出先で洗顔できないという場合は、
肌に残留しても大丈夫な乳液でふき取りましょう。


化粧直しの必ず必要なもの

・クレンジングローション
・化粧直し用ウェットティッシュ



オンリーミネラル公式通販限定