身長 伸びる

身長はどうやって伸びるのかご存知ですか?

身長伸びる長がどうやって伸びるのかを事前に知っておくと、
無駄な努力、無駄なお金を使わなくて済みます。

身長は背骨や足などの間接の近くにある骨端線が増殖していくことで伸びます。

なので、この骨端線がなければ伸びる可能性が薄いということになります。
この骨端線は医学的には成長期の時期だけと言われています。


男性なら11歳~18歳ぐらいまで、女性なら10歳~16歳ぐらいまでとなります。


ただ、この骨端線がある時期は個人差があるため、
20歳を超えても存在する人はいます。

ちなみに骨端線は、病院で手や足のレントゲンを
撮ってもらうとすぐに分かります。

なので、身長を伸ばすのに非常に大事な時期は
小学校高学年~中高生の間となります。

この時期には、「栄養・睡眠・運動」の3要素に
気を配った生活を心掛けるべきです。


骨端線が存在するかどうかで、身長の伸びは大きく
変わりますので、まずはレントゲン骨端線があるかどうかを確認をしましょう。